関東のおすすめ片付け業者HOME » 部屋掃除を依頼する前に!知っておきたい片付け業者の基礎知識 » ゴミ屋敷になってしまう原因と心理的状況
 

ゴミ屋敷になってしまう原因と心理的状況

ゴミ屋敷にしようと考えて部屋を汚す人はいないでしょう。どうして気が付くと部屋中がぐちゃぐちゃになってしまうのか、ゴミ屋敷に住まう人の特徴や心理について紹介しています。

ゴミ屋敷になる原因

ゴミ屋敷になってしまう人は、以下のことが苦手と感じるケースが多いようです。

片付けが億劫で後回しにしてしまう場合も、ゴミ屋敷になる原因ですが、それ以上に「そもそも片付けの方法が分からない、できない」「忙しくて片づける時間が無い」「ひとつの物事に集中できない」といった理由があることも。「集中力が継続できない」「ものの把握ができない」といった場合はADHDの可能性も考えられるため、他の記事で詳しく解説します。

必要なものか不必要なものかを考えて買い物をしない人も、気が付くとゴミ屋敷になっている可能性が高いです。

買い物依存症であれば病院の治療が必要になってきますが、衝動買いが多い人や持ち合わせているアイテムを把握していない人は、ついつい買いすぎてしまう傾向にあるため、部屋が片付きません。

ゴミ屋敷になる人の心理傾向

ゴミ屋敷になりやすい人の心理傾向には以下の特徴があります。

子ども時代に貧困を経験している人、もったいない精神で暮らしてきた人は、ごみを捨てることに抵抗を感じる場合があります。まだ使えるかもしれないといった思いから、ついつい物をため込んでしまい、最終的にゴミ屋敷になってしまうパターンです。

次に、寂しさや孤独感を埋めるために買い物をしてしまったり、ものを身の周りに置くことをで安心感を得たりする傾向にある人もゴミ屋敷になりがちです。学生時代にいじめられていた、近所づきあいが上手くいかない、離婚や死別などで人間関係が大きく変化してしまったといった理由により、精神的な孤独を感じてゴミ集めをしてしまうパターンです。

片付けそのものに苦手意識があり、後回しにしてしまうことでゴミの収集日に間に合わない、できない自分に嫌気がさしさらに手を付けられなくなるといった心理傾向でゴミ屋敷になってしまうパターンもあります。

心理傾向が分かれば対策可能

捨てるのがもったいないと感じる人は、捨てる前に「買わないこと」に意識を向けると良いでしょう。似たようなアイテムを買うのはお金がもったいないといったように、もったいないの対象を変えるのがポイントです。

孤独を感じる人は、第三者を交えてコミュニケーションを取るようにするのが良いでしょう。ゴミ屋敷を片付けるために地域の相談員や清掃業者のスタッフに相談するのを第一歩にするのがオススメです。家が片付くことで近所への悪臭もなくなり、近所づきあいもしやすくなります。他者とのコミュニケーションで寂しさを減らしていきましょう。

手順が分からずに片付けが億劫になってしまうのであれば、一度ゴミ清掃業者に依頼して部屋をリセットする、清掃員や片付け本から片付ける方法を学び知ることが大切です。部屋や家全体をピカピカにするという目標では、達成が難しく再び片付けが億劫になってしまう可能性もあるので、「ごみ収集日に間に合うようにゴミをまとめる」といった小さな目標を立てて進めていくのが良いでしょう。

片付けは清掃業者に!原因と向き合ってくり返さないのが大切

ゴミ屋敷になってしまう原因と、ゴミ屋敷になる手前の心理状況を理解することで、未然に「片づけきれないほど物を蓄えるクセ」を見直せるかもしれません。

自分の傾向が分かれば、一度ゴミ清掃業者に清掃を依頼したあとに再び散らかるのを防げるでしょう。