関東のおすすめ片付け業者HOME » 部屋掃除を依頼する前に!知っておきたい片付け業者の基礎知識 » ゴミ屋敷の整理を業者に頼んだ時に不安なこと
 

ゴミ屋敷の整理を業者に頼んだ時に不安なこと

ゴミ屋敷の見積もりのイメージ

便利屋や清掃業者など、ゴミ屋敷を片付けてくれる業者は世の中に数多くあります。

しかし、いざ依頼しようと思っても「料金は高額ではないか?」「ほんとにきれいにしてくれるのだろうか?」「個人情報が漏れるのではないか?」など、不安が先に立ってしまうことも少なくありません。

「料金・作業の質・個人情報の管理」といった面で安心して依頼できるかどうかは、問い合わせ時の感触や実際に見積もりに来てもらったときの対応で、ある程度は見極めることができます。

高額な料金になるのでは?

料金相場は広さや建物形態により幅があります

片付けを依頼するにあたり、まず心配になるのは料金のことかもしれません。料金は、部屋の広さやゴミの量などによって大きく違ってきます。ワンルームの簡単な片付け程度であれば5万円程度。一戸建てでゴミが天井まであるような場合は100万円に迫る金額になることもあり、価格範囲は非常に広いです。利用者の口コミなどを見る限り、一番多い料金帯は20~50万円程度のようです。

近所にある複数の業者から見積もりを集める

多くの業者が、見積もりだけなら無料で対応しています。複数の業者に来てもらい、サービス内容や料金をよく比較してみるのもポイントです。良心的な業者なら、大きなゴミは玄関近くまで移動しておく等、料金を安くできる条件を教えてくれるかもしれません。また担当者の態度も大切なポイントです。見積もりの時点で、良い業者かどうかをしっかり見極めましょう。

作業が乱雑なのではないか?

物損被害に遭わないかが心配

いくらゴミ屋敷といえども、今後の生活に必要なものも置いてある大切な我が家です。必要なものまで勝手に捨てられたり、家具や内装に傷を付けられたりしないだろうかと心配になるのも無理はありません。

この点も、見積もりの時点での感触が大切な見極めポイントになってきます。

担当者は親切で誠実でしょうか?
万が一作業ミスにより物品の破損などがあった場合の補償についてきちんと答えてくれたでしょうか?

担当者の身なりや振る舞いも、その業者の仕事ぶりを伺う上で重要です。最近は片付けや清掃のニーズが増えたことでさまざまな業者が参入しています。

特別な資格が不要で誰でも開業できるために、業者のレベルにもかなりの差が生まれているのが事実です。納得できない、安心して任せられそうにないと感じるなら、無理をして契約することはありません。

「流し」の違法業者にご用心

スピーカーで「何でも無料で引き取ります。どんなことでもお気軽にご相談下さい」などと呼びかけながら住宅地を軽トラックなどで徐行している業者は「流し」と呼ばれており、ほとんどが無許可営業の違法業者ですので利用しないようにしましょう。こうした業者に処分を依頼したら、高額な料金をあとから請求されてしまうリスクが高いです。

口コミ回収は無料だったが、処分料として高額代金を請求されてしまった

口コミ無料回収のチラシを見てごみ処理を依頼したら、軽トラックに積んだ後に作業料をとられた

口コミ無料で引き取ってくれたのですが、その後、不用品がないかどうか何度も来られて困った

なんて苦情や相談が市の方にも寄せられています。名目の違いで高額なお金を取ろうとしているのですから、無料とはいえうかつに依頼してはいけません。どうしても利用したい場合は、市から一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた事業者に依頼するようにします。

一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ事業者と流しの業者の見分け方としては、収集車両に許可番号があるかどうか。この許可番号は、配布されるチラシなどにも掲載されています。

悪徳ゴミ屋敷清掃業者とは?

悪徳ゴミ屋敷清掃業者の手口としては、飛び込みで自宅を訪問し、やたらと安い金額でアピールしてくることが一番の特徴といえます。ところが、最初は安い金額を提示していたとしても、手間賃や処分費用など、さまざまな名目で請求してくるので、結果的に世間一般的な平均費用よりも高くなってしまいます。

最初と最後の金額が違うのが悪徳ゴミ屋敷清掃業者の手口なので、見積書の発行も嫌がります。サッと見ただけで「これくらいです」と口約束だけで済まし、支払いのときに「予想以上にゴミが多くて」「処分費がかかりすぎた」などといって、増額での請求を突き付けてきます。

一般的なゴミ屋敷清掃業者の場合では、チラシやネット広告などで宣伝し、依頼者から連絡がくるのを待つのがほとんどです。また、見積書についてもきちんと作成し、それ以上の金額を請求することもなし。どうしても費用がかかる作業が発生した場合は、事前に依頼者に確認を取ります。

悪徳業者の場合、連絡先が携帯電話しかない場合もあります。もしものときに居所がつかめなくなる危険性がありますので、固定電話を引いているのは基本。確かな身元や所在地が確認できない業者には、絶対に依頼してはいけないのです。

業者を利用したことが外部に漏れるのでは?

あるサービスを利用すると、いつの間にか知らない会社からDMが届いたりすることがあります。顧客の情報が流出しやすい時代ですので、「ゴミ屋敷を整理してもらった」という極めてデリケートな情報が外部に漏れてしまわないか、不安になることもあるでしょう。

そんなときは、契約する前に業者の情報を調べ、悪い評判や口コミがないか確認しておくこともできます。また信頼できる業者であれば、個人情報管理に関する質問にもしっかり答えてくれるでしょう。

「料金・作業の質・個人情報についての不安」を払拭できる業者かどうかは、見積もりや問い合わせ時の印象や担当者の態度、口コミなどで総合的に判断しましょう。

ある程度お金はかかりますが、業者を利用すれば驚くほど手早く家がきれいになります。良い業者を選んで、一日でも早く家がきれいになると良いですね。

機密文書の処理は?

機密文書の処理を考えると、片付け業者への依頼を不安に思うこともあると思います。そういった場合は、機密文書処理の専門業者に頼むという選択肢もあります。

安全性と確実性、処理スピードを兼ね備えた業者への依頼がおすすめです。