ゴミ屋敷片付け便利帖 【南関東版】

南関東のゴミ屋敷解消におすすめの片付け業者をリサーチ!

ゴミ屋敷の危険性

害虫や火災、住宅の劣化など、ゴミを溜め込むことで起こり得る問題を一覧で紹介しています。ゴミ屋敷が抱えるリスクとは?

ゴミ屋敷に潜む危険性をチェック!

ゴミ屋敷が抱える問題は悪臭や見た目の汚さだけではありません。住人自身の健康を害すことはもちろん、近隣の方や家の前を通るだけの人にまで迷惑をかけることが大いに考えられます。ゴミを溜め込んでしまう傾向にある人は、そのリスクをきちんと知っておくべきです。

家の中にゴミを溜め込んでしまうことで起こり得る問題点をまとめてみました。

火災

ゴミ屋敷が火事になったという事件をニュースで見たことはありませんか?実は、ゴミ屋敷というのは引火しやすい物だらけの危険なスペースとも言えるのです。

灯りや暖を取るために火を焚いていた場合、それらの管理が万全であっても燃え移る可能性があります。また、溜め込んでいたゴミの中に電化製品があった場合、配線がショート

キャンドルを倒す、タバコの火が落ちるといった、きちんと掃除がされた家ではそこまで大きな問題にはならいちょっとした事でも、火災のきっかけとなってしまいます。そしてゴミが積み上げられたゴミ屋敷で発生した火は、どんなに小さくても大きく広がってしまう可能性があるのです。そうなれば、自分はもちろんですが、近所に住んでいる人たちにも大変な迷惑となります。さらには、普通の家と違ってゴミ屋敷は侵入するのにも困難を要するので、消防隊が来た場合も非常に手間取るのです。こういったリスクがあることは、ぜひ頭に置いておかなければなりません。

衛生問題

ゴミ屋敷に溜め込まれたゴミには、たいてい生ゴミも含まれています。長期間放っておかれた生ゴミは必ず悪臭を発生させ、こうした生ゴミからくる悪臭にはネズミやゴキブリが集まってきます。つまりゴミ屋敷は、ネズミやゴキブリたちにとって絶好のエサ場なのです。そして、これらの生き物たちはもちろんフンをします。また、アレルギーを引き起こす原因となる細菌やカビなども大量に発生している可能性があります。

ゴミ屋敷は、見た目以上、思っている以上に、恐ろしい衛生環境をもった場所なのです。ゴミ屋敷で生活するということは、健康的に大きなリスクを背負うことだと認識しなければなりません。

住宅の劣化

ゴミ屋敷のなかには、大量に積み重ねられたゴミのせいで床が抜け落ちてしまうようなケースもあります。これは非常に危険なことで、自分の身はもちろん、下の階に住んでいる人にも危険を負わせることになります。最悪の場合は死亡させてしまうケースだってあるのです。 

いかがでしょうか?ゴミ屋敷には、このようなさまざまな危険性が潜んでいるのです。やはり、一刻も早くプロの片付け業者に依頼して解決してもらうことをおすすめします。